転職を成功させるための10のステップ

長年同じ会社に勤めていると、新しい仕事探しを始めることは時間と労力が掛かり一苦労です。

新しい分野でのキャリアスタートだったり、今の分野でのキャリアアップをして自分自身に挑戦してみたり、将来のキャリア目標を今練り直して、自分の築きたいキャリアに到達するための道を逆算することがあなたの人生にとても重要なことです。

転職活動は考えているほど面倒ではなく、自分に合った最適の仕事に就く機会があれば焦点を当て続けることをお勧めします。要約された10の重要なステップをご覧ください。

 

新しい事を始めるために自分自身を動機付ける

転職をすることを考えているなら、「なぜ自分は転職したいのか」を自分自身の中で明確にしていると限られた時間の中でも時間を割くことができるようになるでしょう。また、転職先で自分はどのようなことを求めているのかも明確にしておくと転職で失敗するケースが少なくなってきます。

給料アップのための転職であれば、給与調査等から自分ならどのくらい給与をもらっているべきなのか確認してみましょう。新しいスキルを学んで異なるスキルを習得したい場合は、関係者に連絡して新しい仕事内容が自分に合っているのかどうか確認することが大事です。

 

自分の長所やスキルを知る

現職で自分の長所、スキル、情熱を活かせて、それが何なのか考え抜いてどのような仕事だったら活かすことができるのか考えてみましょう。

例えば、チームとして働くか個人として働くかどちらが自分に合っていますか?プロジェクトの締め切りまでに終わらすことがいつもできていますか?これらの質問が自分の長所を発見するのに役立ち、転職を考え始めた際に考えるとよい質問です。

 

転職活動に集中する

自分のスキルと長所が何であるかを理解した後は、転職活動をさらに絞り込んで集中することができます。

インターネットブラウザーで求人を検索する際、自分の興味に合ったキーワードを使って求人を探してみましょう。この段階では、自分の好みに合った求人をお気に入りして、後にリストとして確認できるようにしましょう。これにより、どのような仕事を自分は探しているのか自然と気づくことができ、自分好みの求人のリストが完成されます。

 

知人に連絡をする

大学、インターネット、職場と今までのキャリア中で出会った人のコネで良い仕事に出会えるケースは頻繁にあります。多くの企業が従業員紹介プログラム等を使って、人材を確保する一つの策として利用しています。思いもやらぬ知人を通して新しく出会った人から、理想の仕事を紹介してもらえる場合もあります。一度知人と連絡を取ってみませんか?

 

働きたい企業のリストを作成する

勤めてみたい企業のリストを作成することは悪いことではありません。その際は採用担当が誰なのか調べ上げ、近い将来採用する予定があるのか、またどのようなスキルと経験を求めているのかなど直接連絡することが重要です。

LinkedInで自分の希望している求人を検索して、実際に募集されているのか確認もしてみましょう。そうでなければ、今後自分の希望する仕事の募集をする予定があるのか、なければその職務を企業で設立することによりどれだけ利益を生み出すことができるのかなど一度話をしてみましょう。

 

最適な人にアプローチする

応募している仕事と企業についてしっかりと理解していることを示すことは、あなたが適切な候補者であることを採用側に感じ取らせることができます。できるだけ採用担当の方に直接あなたのレジュメを送りましょう。これにより、あなたがしっかりと会社について調べたということが理解されます。

 

インターネットを活用する

求人掲載サイトに登録することは、確実にあなたの転職活動に有益です。更に便利な方法の一つとして、自分のスキルや興味に合った仕事のジョブアラートを設定することです。

転職エージェントを調べて、連絡をするのも一つの手です。転職エージェントは業界に特化しているケースがほとんどなので、自分の気になる業界を担当しているエージェントに相談すると、エージェントしか知っていない業界の情報などを紹介してくれます。

自分のLinkedInプロフィール欄にキーワードとして含んでおくとより関連のあるエージェントから連絡をもらえます。

 

隠れた仕事を探す

新しい仕事を探すときこそ、あなたのイニシアチブを発揮できる時です。研究では、多くの仕事が公に宣伝されていないと証明されています、働きたい雇用主に申請書を送って確認してみませんか?

 

面接の練習をしっかりとする

長い間現職にいると、ほとんどの人の面接テクニックは衰えています。面接前にしっかりと会社について調べて、レジュメに記載されているあなたの経験とスキルについてどのような質問がされるか予測することが重要になってきます。無意味であると思うかもしれませんが、実際に声を出して練習するだけでも面接の際に役立つでしょう。

 

面接時の質問を準備する

面接の終わりに、あなたが応募している仕事に適しているか見せる絶好の機会です。

面接準備にどのくらいの努力を払っているかを明らかにした質問をしてください。インタビューの終わりのあなたの質問は、あなたの雇用者のビジネスについてどれだけ知っているかを示す機会です。

 


Real Life Sciencesについて

世界16カ国を拠点とするリアルライフサイエンスでは、グローバルネットワークを駆使して医薬品、医療機器、バイオテクノロジー企業を始めとするライフサイエンス業界の外資系から日系グローバル企業まで、日本のスペシャリストのキャリアをサポートする非公開ハイクラス求人を紹介しています。

30年以上の経験と世界最大級の人材データベースをもつリアルライフサイエンスは、ライフサイエンス業界で活躍する企業の戦略的パートナーとして、企業の成長に貢献できる人材を紹介します。

 

転職をお考えの方、最新の業界情報または非公開求人についてはこちらよりご連絡ください。

企業の採用担当の方、企業の成長のために優れたグローバル人材をお探しですか? こちらよりお待ちしております。

【採用に関するお問い合わせ】

Contact Real Life Sciences Japan

 03-4520-4002

[email protected]

 

アボットジャパンでのキャリアで得られる機会とは?

14 1 2020

ヘルスケア分野において世界有数の規模を誇るアボット社は弊社の重要なパートナー企業であり、これまでに多くの優秀な人材をご紹介してまいりました。今後のさらなるパートナーシップの強化に向けた取り組みの一環として、今後ますますの成長を見据えたアボット社に企業の理念やアボットで手に入れることのできるチャンス、求める人材像についてお話をしていただきました。

2019年の採用動向と2020年の予測

06 1 2020

2019年、製薬・バイオテックと医療機器分野において数々の採用動向の変化が見られました。主な動向とこれらが2020年の採用市場にどのような影響を与えうるか、代表的な点を本記事でご紹介いたします。

DIA日本年会2019に見る製薬業界の動向

15 11 2019

リアルライフサイエンスは11月10~12日の間東京ビッグサイトで開催されたDIA日本年会2019にパートナーとして出展いたしました。弊社ブースには会期中に200名を超える方々が足を運んでくださいました。数多くの来場者の方々とお話をする機会に恵まれ、業界に関する貴重な知見を得られたことを非常に嬉しく思います。

リアルライフサイエンスがDIA 2019に出展します

01 11 2019

リアルライフサイエンスは第16回DIA (Drug Information Association) 日本年会のパートナーとして出展いたします。DIAとリアルライフサイエンスのパートナーシップは欧州やアメリカ、シンガポールなど世界各地にわたり、日本でも昨年に引き続きパートナーとして本大会に参加できることを非常に光栄に思います。