医療機器業界への転職について


リアルライフサイエンスのマネージャー山條が医療機器業界への転職に関する最新のトレンドや、製薬業界から医療機器業界への転職について、日経メディカルプロキャリアからインタビューを受けました。以下をぜひご覧下さい。

◆医療機器業界の将来性について

 【Q】医療機器業界が安定してるって本当?その理由は?

 ― テクノロジーは日々進化しています。医療機器の新製品は絶え間なく発売されており、

   また今後も様々な領域の製品が開発されていきます。

   ですから、今後もその流れは間違いなく続いていくでしょう。

 【Q】リストラの心配は?

 ― 売上を伸ばしている企業が多く、リストラの心配はまず無いですね。


 ◆求める人材について

 【Q】今、医療機器企業が求める人材って?

 ― スペシャリストを求める傾向が強いです。

   技術の進歩により、今まで薬で治療するしかなかった病気が機械で一発で治療できる時代へと変わってきています。

   そのため、より専門的な領域の知識を有した人を求める傾向が強くなってきています。

 【Q】ということは、製薬業界から転職する人も多い?

 ― そうですね、病気や薬の知識持つ人材を求める企業が多くなり、ここ数年で製薬業界出身者も増えてきています。

 【Q】注目の領域は?

 ― 幅広い領域で製品が開発されてますので一概には言えませんが、

   今大きく動いてるのが、呼吸器、糖尿病、循環器、CNSですね。


 ◆MR→医療機器セールスへの転向について

 【Q】転職することで年収が下がる可能性は?

 ― 外資系企業の場合、30代で言うとあまり変わらないです。

   ただし、医療機器業界はインセンティブの割合が多い傾向がありますので、ベースは若干落ちる可能性もあります。

 【Q】転勤はある?

 ― ほとんど転勤はないですね。「転勤したくない」「同じエリアで働きたい」という方には医療機器セールスはお勧めです。

   ただ、MRよりも担当するエリアは広くなると思います。

 【Q】医療機器セールスのやりがいって?

 ― MRと比べてエリア内での営業の数が圧倒的に少ない為、一人の業務幅が広く、裁量権を持った仕事ができます。

   また、ドクターとより近いところで仕事ができる点もやりがいにつながるという声が多いです。


 ◆最後に…

 【Q】医療機器業界の魅力とは?

 ― 最先端の技術が医療に携われ、患者さんが良くなる瞬間をスピーディーに感じられるという醍醐味があります。

   またキャリア形成という面では、昇進・昇格のスピードが速いため、役職を目指される方にはチャンスがあると思います。

   ひと昔前は医療機器業界への転職を考えたことがなかった方でも、

   話を聞いてガラッと印象が変わり満足のいく転職をされている方も多いです。

   弊社は医療機器業界に特化したチームがありますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。




 ☆転職成功事例 1

━━━━━━━━━━━━━━

 製薬企業MR → 医療機器セールス


 ≪転職理由≫

 規制が厳しくなり、MRとしての業務の幅に限界を感じていた。

 また、転勤の可能性が出てきたため、ライフプランを明確に描けなくなったため転職を考え始めた

 ≪転職 Before × After≫

 ●Before●

 業務:大手内資系製薬企業のMR

 年収:800万円

 ↓

 ●After●

 外資系医療機器メーカーの医療機器セールス

 年収:850万円


 ≪転職後の声≫

 年収を維持しながらも転勤の可能性がほぼないため(昇進に伴う転勤はある)、

 家族と落ち着いてライフプランを描けるようになった。

 また、腰を据えてじっくりドクターとの関係性を築けていけることにやりがいを感じている。


 ☆転職成功事例 2

━━━━━━━━━━━━━━

 製薬企業マーケティング → 医療機器マーケティング


 ≪転職理由≫

 自身の経験を活かしきれていない。より英語を使う環境にいきたい。

 ≪転職 Before × After≫

 ●Before●

 業務:現場のMR課員たちへのマーケティング戦略の落とし込み。マーケティングと営業部隊のリエゾン。

 年収:1,000万円

 ↓

 ●After●

 業務:マーケティング戦略の立案実行。

 年収:1,000万円


 ≪転職後の声≫

 市場開発からのマーケティング業務は創意工夫のしがいがあり、満足している。



 ☆転職成功事例 3

 ━━━━━━━━━━━━━━

 製薬企業プロダクトマーケティング → 医療機器プロダクトマーケティング


 ≪転職理由≫

 同領域内で画期的な新製品が開発されることに伴い、市場の創造に興味を持ち転職を決意。

 ≪転職 Before × After≫

 ●Before●

 業務:完成された組織での業務。

 年収:1,200万円

 ↓

 ●After●

 業務:スタートアップの事業部での業務。

 年収:1,200万円


 ≪転職後の声≫

 製薬企業と医療機器メーカーでは業務内容にGAPがあるため大変さもあるが、やりがいを感じている。



 いかがでしたか?ご興味のある方は、転職の選択肢としてまずは弊社コンサルタントにご相談ください。

 「具体的な求人を見てみたい」という方は、こちらから製薬業界や医療機器業界の非公開求人をご覧ください。



Real Life Sciencesについて

世界16カ国を拠点とするリアルライフサイエンスでは、グローバルネットワークを駆使して医薬品、医療機器、バイオテクノロジー企業を始めとするライフサイエンス業界の外資系から日系グローバル企業まで、日本のスペシャリストのキャリアをサポートする非公開ハイクラス求人を紹介しています。

30年以上の経験と世界最大級の人材データベースをもつリアルライフサイエンスは、ライフサイエンス業界で活躍する企業の戦略的パートナーとして、企業の成長に貢献できる人材を紹介します。


転職をお考えの方、最新の業界情報、非公開求人、レジュメの書き方等の相談はこちらよりご連絡ください。

企業の採用担当の方、企業の成長のために優れたグローバル人材をお探しですか? こちらよりお待ちしております。

【採用に関するお問い合わせ】

Contact Real Life Sciences Japan

 03-4520-4002

[email protected]

在宅勤務と子育てを両立させるためのヒント

21 4 2020

在宅で仕事と子供の面倒を見ることを同時に行うのは、決して簡単なことではありません。どちらも完璧にこなすことは非常に難しいかと思いますが、可能な限り両立を進めるためのいくつかのヒントを以下でご紹介します。

製薬・バイオテック分野での転職 ー 大手と中小、自分に合った企業タイプは?

18 5 2020

皆様が次のキャリアを選ぶ際に参考となるよう、大手製薬企業と中小の製薬企業の様々な側面における違いを紹介します。

SThree Brand Logos Real Life Sciences Computer Futures Huxley

SThreeが日本人材ニュースに掲載されています

29 8 2019

日本人材ニュースが選ぶ「人材コンサルティング会社&サービスガイド100選」に、リアルライフサイエンスを展開するSThreeが掲載されています。

リアルライフサイエンスがDIA 2019に出展します

01 11 2019

リアルライフサイエンスは第16回DIA (Drug Information Association) 日本年会のパートナーとして出展いたします。DIAとリアルライフサイエンスのパートナーシップは欧州やアメリカ、シンガポールなど世界各地にわたり、日本でも昨年に引き続きパートナーとして本大会に参加できることを非常に光栄に思います。