印象に残るLinkedInプロフィールを作り上げるための5つの方法

新しい仕事を探し始める前に、考えておくべきことがいくつかあります。中でも、自分自身をどのように表現し、ご自身の強みをアピールするかは非常に大切です。新たな職種へ応募するということは、採用担当者にご自身を見つけに来るよう頼んでいるようなものです。第一印象は重要ですし、採用担当者が皆様のことを知ろうとしたとき、初めにたどり着く場所はおそらくLinkedInでしょう。これを念頭に置いて、皆様のスキルの一番良い部分をLinkedInプロフィールで確実に見せるためのヒントを以下でご紹介します。

 

・ 肩書きとサマリーを最新のものにする

基本的なことではありますが、LinkedInプロフィールを充実させる目的は、皆様の転職活動において良い機会や情報を提供してもらうことです。ご自身の希望をわかりやすく伝えるためにも、肩書とサマリーを見直して、希望職種や勤務地がきちんと記載されているかを確認しましょう。この部分は採用担当者が真っ先に目にする場所です。皆様がターゲットとしている層に向けられたものにすることが大切です。

 

・ ジョブディスクリプションで使われているキーワードを見極め、プロフィール内で利用する

採用担当者が感心するようなプロフィールを作り上げることは確かに大事ですが、彼らの目に留まることがないままでは何の意味もありません。ご自身の職歴やプロフィールにキーワードを散りばめて、採用担当者が皆様のプロフィールを簡単に見つけられるよう工夫しましょう。これによってご自身の機会が広がり、LinkedInを最大限活用できるはずです。

 

・ URLをカスタマイズする

カスタムURLを作成すると、ご自身や他の人がプロフィールをシェアしやすくなるだけでなく、見た目もすっきりとして印象が良くなります。LinkedInの使い方に精通し、ネットワーキングに優れたユーザーであるというイメージを採用担当者に持ってもらう良いきっかけとなるでしょう。

 

・ 個人の興味や趣味について書く

個人的な興味や趣味をLinkedInに載せるのを控える人も多いですが、それらが皆様の経験や功績を見劣りさせるものでない限り、載せるのを控えるべき理由は特にありません。仕事以外の課外活動への常識的な興味を示すことで、皆様がバランスの良い候補者であることを伝えることもできます。自分をさらけ出すことを恐れずに、ご自身の魅力をきちんと記載しましょう。

 

・ あなたのスキルや推薦が妥当かつ最新のものであることを確認する

他者からの推薦は、皆様の信用を高める上で非常に役立つ、いわば生ける推薦状です。いくつかの良い推薦をプロフィール上に載せてもらうことができれば、過去の同僚が皆様に対して抱いている印象を採用担当者に一目でわかってもらうことができますし、自分の言葉以外でご自身を表現することのできるとても良い方法です。また、自ら自分の良い点について語るのに抵抗がある場合や、自信過剰という印象を与えてしまうのではと不安に感じるでも、他者からの推薦は非常に良い手段です。以前の職場の同僚に推薦をもらえるかどうか、躊躇わずに尋ねてみましょう。まずは自分から同僚への推薦を書き込むところから始めてみるの良いかもしれません。

転職の各段階で採用担当者に素晴らしい印象を与える方法についてさらに詳しくお知りになりたい場合は、リアルライフサイエンスまでぜひお問い合わせください。私たちのコンサルティングサービスを通じて、理想の仕事を見つけるためのお力添えをいたします。

品質保証でのキャリアを築くために

23 9 2019

「リアルライフサイエンスによる品質保証(QA)キャリアガイド」では、業界の動向や今後目指すべきものを設定するためのヒント、英文レジュメ作成のヒントなど数多くの役立つ情報をご紹介しています。

SThreeが日本人材ニュースに掲載されています

29 8 2019

日本人材ニュースが選ぶ「人材コンサルティング会社&サービスガイド100選」に、Computer Futuresを展開するSThreeが掲載されています。

Abbott Partnership Dayでトップエージェントとして表彰されました

01 6 2019

Read about Abbott Partnership Dayでトップエージェントとして表彰されました from Real Staffing APAC

ネットワーキングイベントを最大限活用する方法

01 6 2019

Read about ネットワーキングイベントを最大限活用する方法 from Real Staffing APAC