ESG (SDGsに向けた取り組み)

リアルライフサイエンスは、スキルと仕事を通じて人々の人生を変えるというビジョンのもと、さまざまなESG(環境、社会、ガバナンス)イニシアチブやプログラムに参加しています。リアルライフサイエンスの親組織であるSThreeグループの強力なイニチアチブにより、様々な慈善活動や環境保全のための活動に取り組んできたことを誇りに思っています。

ESGは、当社が倫理的なビジネスを行うためのフレームワークです。SThreeの目的は、当社の理念である”Bringing skilled people to build the future – スキルを持つ人々を集め、未来を築くを通じて、国連の持続可能な開発目標にあるような、持続可能な未来を構築することにあります。ビジネスとして行うすべての活動において、当社の行動が持続可能な未来の構築にどのような影響を与えるかを考慮しています。 

再生可能エネルギー領域への投資は、ビジネス戦略上、そしてESGへのコミットメントの双方から当社にとって非常に大切な使命です。

SThreeは2024年までの達成目標として、以下を目指しています。

  • 企業としての二酸化炭素の排出量を20%削減
  • 企業として使用する電力の100%を再生可能エネルギー由来の電力とする
  • 出張の機会を最低でも30%減らし、移動の際も二酸化炭素の排出量の少ない手段を優先して選ぶ
  • 同様の価値観・志を持つベンダーと積極的に取引を行う

また、ビジネスとしても、2024年までに再生可能エネルギー領域におけるビジネスへの投資を2倍に増やすことを目指しています。

当社の取り組みの詳細については以下のインパクトレポートをご覧ください。

SThreeのImpact Report

レポートを見る

これまでのESGおよびCSR活動

日本オフィスでも、社会へ還元するため、また持続可能な未来へ貢献するため、様々な社会奉仕活動を行ってまいりました。2019年にはRecruitment International Awardにて、Best CSR Initiativeを受賞しました。  

2019年から2020年にかけて、アフリカンサイエンスアカデミー(ASA)へ通う生徒へラップトップを届けるため、東京オフィスで基金を募りました。ラップトップに加えて日本の様々なギフトを詰めこんだケアパッケージも生徒へと届け、定期的なビデオ通話を通じてSTEM分野での進学やキャリアに関する相談に乗ったりと、様々な活動を通じて生徒の学習や進路に関するサポートを行いました。

クリスマスの時期に各社員が保存可能な食料を持ちより、フードバンクであるセカンドハーベストへ食料の寄付を行いました。

2021年にシンガポールオフィスと合同でEメールクリーンアップを行いました。不要なEメールを保存しておくと余分な電力を消費することから、Eメールの受信ボックスを整理して不要なEメールを削除することで二酸化炭素排出量の減少に貢献することができます。

リアルライフサイエンスについて

#inspiredbyyou

採用情報

製薬分野コンサルタント紹介

医療機器分野コンサルタント紹介